中南米各国の最新記事

このページでは中南米地域の最近記事をご紹介します。国別の記事一覧をご覧になりたい方は、画面左「地域別メニュー」の国名から国別記事ページへお進みください。
エクアドル 2018年8月14日 和久井 諒(青年海外協力隊[環境教育]、岩手県出身)

伝統料理アヤンパコ、時々モルモットと毛虫

国の名前よりも世界自然遺産ガラパゴスの名前の方が有名なエクアドル。私の任地マカスは、そんなエクアドルの首都キトからバスで約9時間の場所にあります。マカス市は、エクアドルのアマゾン地域に属していますが、市内は電気も通り車も走っていて、別段生活に不便は感じません。しかし町を...

【写真】 【写真】 【写真】 【写真】 【写真】 
ドミニカ共和国 2018年8月10日 永島 洸平(青年海外協力隊[陸上競技]、栃木県出身)

アミーゴ文化から見るドミニカ共和国

作家で文化人類学者でもある上橋菜穂子氏は、オーストラリア大陸の先住民族アボリジニーの心のあり方を「ケアリング、シェアリング」という言葉で表現し、それは「身内ではない他者たちと良い関係を築くためである」と書いている。 ここドミニカ共和国でも「分け合う文化」が色濃く残る。...

【写真】 【写真】 【写真】 【写真】 【写真】 
エクアドル 2018年8月3日 宮原 玲子(青年海外協力隊[環境教育]、千葉県出身)

すてきなあいさつ文化

こんにちは。私は、南米エクアドルにあるサモラ・チンチペ県ジャンササ市という小さな街で、環境教育隊員として活動しています。エクアドルは地域によって4つの気候地帯に分かれており、気候地帯ごとに植物、食べ物、景色など、異なる生活習慣や文化があります。アンデス山脈沿いに広がるシ...

【写真】 【写真】 【写真】 【写真】 【写真】 
ウルグアイ 2018年7月24日 吉田 正三朗(シニア海外ボランティア[日本語教育]、兵庫県出身)

ワールドカップで見たサッカー大国の一体感

エクアドル 2018年6月29日 出町 まい(青年海外協力隊、東京都出身)

同僚のひとこと

パラグアイ 2018年6月22日 北 小春(日系社会青年ボランティア、長崎県出身)

地域と密着した日本語学校に

ブラジル 2018年6月8日 鈴木 真実(日系社会青年ボランティア、愛媛県出身)

ブラジルで日本舞踊??

エクアドル 2018年6月1日 倉澤 友子(青年海外協力隊、埼玉県出身)

差異を重んじ、とことん話し合う