ジャマイカの最新記事

東日本大震災の被災者の方々に思いをはせて

2015年国連総会本会議において、11月5日が「世界津波の日」と制定された。早期警報の重要性や、津波の脅威と対策について世界的に理解と関心を深めることが目的のようだ。この日に合わせ、私の派遣国ジャマイカの田舎町で初めての試みである「津波避難訓練」を同僚と企画した。 私たちは一つのコミュニティを歩き回り、「Face to Face」で住民と話し、訓練告知をした。コミュニティの奥へ奥へと足を踏み入れる。家族・親戚構成が入りくんでおり、日本人からすると馴染みのない状況が広がる。人の関係性が密な場所での情報拡散に、大きな役割を果たすのが口コミだ。協力者のジャマイカ人の友人は、住民誰とでも親しく家族のように接する。露店などを営む友人たちにも津波避難訓練を話のネタにして欲...

「東日本大震災の被災者の方々に思いをはせて」の全文を読む

その他の記事一覧