メキシコの最新記事

若者に「ものづくり」の喜びを−配属先の高校が全国大会で優勝−

5月27日から30日まで、メキシコ全国試作品コンクールが開催され、私の配属先である第118工業高校が、技術部門で優勝しました。昨年の同大会にも、エレベーターの試作品で参加しましたが、入賞できませんでした。私は学校の勧めで、その大会を見学しました。生徒の付き添いとして参加した指導教官のホセ・ファン・バレラ・エレラさんとルベン・エドガー・ぺレス・バスケスさんは、そのとき、「もう少し頑張れば入賞できるかもしれない」という自信を得たようでした。そこでルベンさんは、大会終了後すぐに、興味がありそうな生徒6人を集めて、新たな試作品の構想を練り始めました。その結果、トウモロコシなどの種まき機を造ることになり、メカトロニクス(注)、機械工学、電子工学の3学科の生徒たちの総合力で...

「若者に「ものづくり」の喜びを−配属先の高校が全国大会で優勝−」の全文を読む