あなたへ-野球が人生を変える-

Twitter Facebook はてなブックマーク メール

「もっと知らない世界を見たい、自分自身の目で」。

そんな感情が私に生まれたのは、日本で、ある結婚式場のチャペルを掃除している時でした。そこで流れていた、切ないのか、幸せなのか、なんともいえない曲が、私をニカラグアへ導いたのかもしれません(笑)

結婚式場の正社員としてお客さまの最高の瞬間をお手伝いさせていただいていた私ですが、大学までは、野球、野球、野球といった生活を過ごしていました。

私の人間性、感情、行動、生き様すべてが「野球」によって成長したと思います。だからこそ、「野球」のすばらしさ、「楽しさ」をもっと多くの子どもたちに伝えたい。
  
そんな信念が私の「行動指針」となり、青年海外協力隊の野球隊員として参加するきっかけとなりました。

現在ニカラグアで活動して11ヵ月が経ちました。そこで今回は、私が取り組んでいる「女子野球の普及」について触れていきたいと思います。

きっかけは、私が野球を指導しに行った、ある学校での出来事でした。野球教室は生徒全員が対象だったのですが、来たのは男子だけでした。その後、指導者や先生方に聞いてみると「野球は男子のスポーツだから」と返ってきました。

しかし、子どもたちはみんな野球を学びたいと言ってきました。

そこで以前からあったスポーツ庁の野球教室に、野球を学びたい女子を招待しました。野球に興味があって以前から挑戦してみたかった子どもたちが男子も女子も日に日に増えていきました。

ニカラグアに女子野球がないのは事実です。しかし、女子が野球を学んではいけないという決まりはありません。私の任期中に女子野球を彼女たちだけで進められる基盤作りをしたいと思っています。

・女子野球の指導者の育成
・他の地域での普及
・定期的な試合の設置

これが私の活動の軸になりました。彼女たちは、ないものをゼロから作り上げようとしています。私も「勇気」「覚悟」「根性」を持って前に進んでいきたいと思います。日本から応援してください! また、活動を報告できればと思います。お楽しみに!



(関連リンク)

各国における取り組み ニカラグア

ニカラグアチームへボールを贈呈 野球の更なる普及を目指して(野球日本代表侍ジャパンオフィシャルサイト(外部サイト))新しいウインドウで開きます

【写真】

8月に台湾で行われたワールドカップに参加した子どもたちと。結果は6位。でも彼らの活躍はすばらしかった

【写真】

9月にカナダで行われるワールドカップに参加する選手たちとの練習。とても上手!

【写真】

野球を学びたい!と集まった4人の女の子たち


【写真】

各地で開催される「日本文化紹介」。浴衣を着るなんて最高の思い出ですね

【写真】

ニカラグアの伝統的な踊りを披露する時に着る衣装。踊りがすばらしい!

【写真】

ニカラグアの朝食。「ガジョピント」という豆ご飯とアボガド、豚肉、サラダ。とてもおいしい!


Twitter Facebook はてなブックマーク メール