パラグアイの最新記事

山羊ブルセラ病の集団発生

昨年10月の中旬に、国立アスンシオン大学獣医学部の実習山羊農場において、山羊ブルセラ病の集団発生がありました。ブルセラ病とは山羊、羊、牛等の流産を伴う家畜伝染病で、人に感染すると高熱、関節の痛みを伴う人畜共通感染症です。最初に一人の学生がブルセラ病と確認された後、山羊が原因ではないかと山羊の検査が行われ、十数頭の山羊ブルセラ病が確認されました。 私はパラグアイの国立家畜品質・衛生機構(以下SENACSA)のブルセラ病科で、診断、抗原の作成等のお手伝いをさせていただいています。今回の集団発生に伴い、農場の家畜の血清及び臓器、また実習学生、実習農場関係者の血清、血液が、大量に検査のためSENACSAに送られ、血清学的診断、ブルセラ菌分離同定と忙しい毎日を同僚と過ご...

「山羊ブルセラ病の集団発生」の全文を読む

その他の記事一覧