セントクリストファー・ネーヴィスの最新記事

大型魚がいないって本当なの?−どっこい!FAD導入で収入倍増と資源管理に貢献−

「大型魚のマグロやカジキはここでは捕れない!」。漁師たちは口をそろえて言う。ここは東カリブ諸国の北側、プエルトリコの東側に位置するセントクリストファー・ネーヴィス。人口約5万人の島しょ国で、伊豆大島のように火山を取り巻くように形成されたセントキッツ島とネーヴィス島とから成る。島の収入は主に観光に依存しているが、排他的経済水域(注1)は南北に狭いながらも200カイリあり、水産資源の利用は未知数だ。既存の漁業形態は、地引網や魚籠(ぎょかご)漁(注2)、クイーンコンク貝の採取などの零細漁業。これらは主に狭い沿岸域の漁業で、すでに開発されている。「大型魚がいないかどうかは、やってみないとわからない!」とタンカを切って、集魚装置(Fish Aggregation Devi...

「大型魚がいないって本当なの?−どっこい!FAD導入で収入倍増と資源管理に貢献−」の全文を読む