セントビンセントの最新記事

食卓にもっと魚を!-セントビンセントで「第1回魚料理コンテスト」-

セントビンセントおよびグレナディーン諸島は、カリブ海の東に位置し、本島のセントビンセント島とその南に連なるグレナディーン諸島から成る。面積は琵琶湖の半分程度で、人口は約11万人。熱帯性の気候だが、東の大西洋から西のカリブ海へ抜ける風が涼しく、過ごしやすい。 私は現在、この国に協力隊員としてただ一人派遣され、首都キングスタウンの水産局で水産業の振興に携わっている。水産局と階下の魚市場は、日本の無償資金協力で建てられたもので、この縁から、建物の前にあるバスターミナルは「トーキョー」と呼ばれている。 市場に並ぶ主な魚は、シイラやサワラ、マグロ、カツオなど。たまに、サメやブラックフィッシュと呼ばれるイルカの仲間も売られる。JICAの技術協力「カリブ地域における漁民と...

「食卓にもっと魚を!-セントビンセントで「第1回魚料理コンテスト」-」の全文を読む