ウルグアイの最新記事

ウルグアイの魅力

日本から一番遠く、JICA関係者でも意外とどんな国か知る人は少ないウルグアイ。     一般的にガウチョ(カウボーイ)の文化が浸透しており、国民性は自由気ままで温厚、のんびりとしています。山がなく、見渡す限り広大な草原地帯と、ラ・プラタ川や大西洋岸沿いのビーチという大自然を人々は愛し、昔ながらの伝統的な風習や生活習慣を重んじて人生を謳歌しています。 一方で「ブラジルとアルゼンチンがクシャミをするとウルグアイが風邪をひく」という諺があるほど、近隣国の外的要因に影響される南米一の小国(面積は四国程度、人口は約340万人)で、1999年以降のブラジル、アルゼンチンの経済危機ではその余波で大打撃を受けました。その経験から、金融機関や石油企業の国営化、国内産業を保護する...

「ウルグアイの魅力」の全文を読む

その他の記事一覧