ウルグアイの最新記事

南米の楽園で日本文学を語る

私は平成26年度2次隊の日本語教育シニア海外ボランティア(以下、SV)として、ウルグアイの首都モンテビデオにあるウルグアイ共和国大学人文科学教育学部外国語センターに派遣されました。本大学は国内唯一の国立総合大学で、日本語教育SVの派遣は2003年から継続されており、私は長期ボランティアとしては6代目でした。 要望調査票には4つのミッションが記載されていました。まず、本業である日本語クラスの運営、学生の特性や進度に合わせた教材の改善、図書の管理と登録、日本文化の紹介と普及です。私が最も懸念したのは日本文化についてです。書道、生け花、茶道、折り紙…私にはどれも教えた経験がありませんでした。それまで日本の大学などで十年以上日本語教育に取り組んでいましたが、文化紹介に...

「南米の楽園で日本文学を語る」の全文を読む

その他の記事一覧