カンボジアの最新記事

笑顔忘れない先生の卵たち

朝6時半、教員養成校の校庭から掃除をする生徒たちの声が聞こえてくる。ここバンテアイミエンチェイ州は首都プノンペンから北西に約360キロメートル離れた場所にあり、タイとの国境の州である。 日本から来た友人やカンボジア在住の日本人には「バンテアイミエンチェイ州?聞いたことがない」とよく言われるが、「ポイペト」「シソポン」という町の名前を出すと、「あ~聞いたことがある」と、分かってもらえることが多い。 ここには小学校の教員になるための2年制の教員養成校がある。生徒たちは高校を卒業した18~20歳が多い。みんな家が遠いため、生徒の約7割は学校敷地内にある寮で暮らしている。そのため、生徒たちにとって、先生たちは家族のような存在である。私はこの学校の温かい先生方や生徒た...

「笑顔忘れない先生の卵たち」の全文を読む

その他の記事一覧