東ティモールの最新記事

体罰に頼らない指導

私は首都ディリにある私立高校で体育を教えています。いつも温かくサポートしてくれる配属先のすてきな教員と生徒たちのおかげで、とても充実した日々を送っています。 そんななか、赴任当初から私が特に力を入れて取り組んでいることがあります。それは、教員による体罰をなくすことです。残念ながら、東ティモールでは教員が生徒に手をあげる場面をよく見かけます。赴任してすぐ、多くの教員から「東ティモールでは、そうすることが必要なんだ。日本とは違う」と言われました。 しかしある日、私は生徒を呼び止めようと、その子の肩に手を置こうとした時のことです。その生徒はとっさに手で頭を覆い、ビクッと身を縮めました。叩かれると思った、と言います。この時、子どもたちに手をあげる、ということの影響を...

「体罰に頼らない指導」の全文を読む

その他の記事一覧