マレーシアの最新記事

マレーシア流!生徒も先生も輝く授業づくり

「子どもが好奇心で目を輝かせ、わかる喜びを感じ、教える先生もやりがいを感じる」。そんな授業をマレーシアの先生とつくりたい。私はサバ州の普通学校の中にある知的障害児特別支援学級で活動している。 2020年の先進国入りを目指し、急ピッチで進む経済発展。障害児・者支援の制度も途上国の中では整備されつつある。しかし教育現場は、急ごしらえの狭い教室で、多種多様な障害や発達段階の子どもたちがひしめき合って過ごしている。先生も机の数が足らず、譲り合って仕事をこなす。障害に応じた授業や教材作りのアイデアも乏しく、日々の授業もその場しのぎである。 とは言え、子どもたちは民族、宗教、障害の程度は関係なく、狭い教室でも互いに譲り合いながら遊び、笑い声が絶えない。先生同士の協力関係...

「マレーシア流!生徒も先生も輝く授業づくり」の全文を読む

その他の記事一覧