モンゴルの最新記事

「名づけ」という重役

モンゴルへ来て、日本語を教えている生徒から最も多い要望は「日本の名前がほしい」というものです。 モンゴルの名前にも日本と同じように一つ一つ意味があります。 「アズジャルガル」=「幸運」「幸せ」 「フスレン」=「望み」「希望」 このように、真の由来はまたそれぞれ違うかもしれませんが、素敵な意味を持つ名前が多いです。こう見ると名前は、その人への思い、願いが最も表現されているものだなと感じてしまいます。 私は、このモンゴルの名前の意味・由来をベースに、一人一人日本の名前を考えていきます。 例えば「エルデネ」という女の子。「エルデネ」とは日本語で「宝石」「宝」という意味です。ここから連想ゲームが始まります。 「宝石」……両親が子どもを思う気持ちかな。もしかした...

「「名づけ」という重役」の全文を読む

その他の記事一覧