モンゴルの最新記事

モンゴルで理学療法士

私が理学療法士として活動しているのは、モンゴルの首都から東に約600キロメートルに位置するチョイバルサンという小さな町の病院。自ら患者に治療を行いつつ、同僚に理学療法についての技術指導する中で、「人」の大切さを実感している。 モンゴルの理学療法の歴史は浅い。2007年度から首都の国立医科大学の看護学部で養成コースが開始され、これまで131人のモンゴル人理学療法士が誕生した。 しかし、モンゴルでは医療従事者の人材不足や、日本に比べて短い入院制度、障害者には不便な生活環境など問題も多く、患者さんから「ありがとう」と言われても、「日本だったら・・・」という悔しさが残る。 そんなある日、以前に一緒に働いていた理学療法士の同僚の様子が気になって、その同僚が担当する治...

「モンゴルで理学療法士」の全文を読む

その他の記事一覧