ミャンマーの最新記事

ミャンマーの雨期、抜本的な治水対策が課題

配属先である農業畜産灌漑(かんがい)省の灌漑技術センターは、ヤンゴンから車で東へ2時間のバゴーという中核都市にあります。 2016年のミャンマーは、エルニーニョの影響で4、5月は連日40度超えとかなり暑い日が続いていました。しかし、5月20日ごろから夕立のような断続的な雨が降るようになり、気温が一気に10度程下がってかなり過ごしやすくなりました。その後雨の日が多くなり、6月中旬には、バゴーの市街中心部を流れるバゴー川は増水し、危険水位にまで達するようになりました。 所属する灌漑水利用局では、灌漑施設以外に、排水路や河川堤防の維持管理も業務に含まれています。私が職員の現地視察に同行した際、一部低地は浸水した状況でしたが、職員曰くこれは毎年のことだとのことでした...

「ミャンマーの雨期、抜本的な治水対策が課題」の全文を読む

その他の記事一覧