「Build Back Better(よりよい復興)」と「レジリエンス(回復力)」を教訓に

Twitter Facebook はてなブックマーク メール

私は、JICAがフィリピンの災害リスク軽減(DRR)の推進策の一環として、教育関係者グループを対象に実施した、日本への研修に同行しました。この研修を通じて私たちは、フィリピンの災害への準備と対策に意義があることを目の当たりにし、多くの学びがありました。

研修には、防災意識向上のためにJICAと日本のNPO「SEEDS Asia」がパイロット事業(注)を展開している地域であるセブの教育関係者が主に参加しました。私たちは、災害時の日本の教訓のうち、フィリピンが学ぶことができる点について注目しました。

研修は目を見張るような経験で、われわれすべてが防災に対する利害関係者であることを実感するものとなりました。

首都直下地震などの大規模な災害発生時の防災拠点施設「東京臨海広域防災公園」では、災害の記憶とシミュレーションを通じて、過去の災害から学ぶ確かな機会を提供していることに大変強い印象を受けました。

また、兵庫県高取で見たのは、災害からの回復力を持つコミュニティーの完璧なモデルでした。トップダウンではなく、コミュニティーからの声を拾い、慎重に復興を計画する「ボトムアップ・アプローチ」で災害からの復興が実施されていました。

同じ兵庫県の丹波市では、現代の技術とエンジニアリングが、災害からの回復力を促進するために使用されていました。

私たちは、研修から多くのことを学びましたが、最も重要と感じたのは、「自助と相互援助が果たす重要な役割を見落としてはならない」ということでした。

2013年のボホール地震や台風ヨランダなど、フィリピンにも過去の災害から得た独自の教訓があります。また私たちも日本のように、災害対応と復興への計画を、学校から始めてコミュニティーと手をつないで実現することができます。あらゆる甚大な災害に備えるフィリピンを実現すべき時が来ています。

(注)草の根技術協力事業「セブ州における地域との連携による防災教育の技術移転事業」(実施団体:SEEDS Asia)


(Original text: written by Lara Javier)

Lessons on build back better and resilience

I joined a group of education officials in a study tour to Japan as part of the Japan International Cooperation Agency’s (JICA) effort to promote disaster risk reduction (DRR) education in the Philippines. Throughout our journey, we recorded our observations that have implications for disaster preparedness and response in the Philippines.

Our team, mostly from Cebu’s education community, the pilot site of JICA and Japanese non-profit group SEEDS Asia for a disaster awareness project*, paid attention to Japan’s lessons on disasters that we, Filipinos can learn from.

The study tour was an eye-opener and a moving experience that made me realize we all have a stake on DRR.

Our visit to a Tokyo Rinkai Disaster Park impressed us because it showed us how Japan ensures that people learn from past disasters through memorabilia and simulations of disasters.

When we visited Takatori in Hyogo Prefecture, we saw a perfect model of a disaster resilient community. Disaster response was implemented in a bottom-up approach to plan disaster recovery carefully.

In Tamba City, modern technology and engineering were used to promote disaster resilience.

We learned many things from the study tour but one thing that stood out was that the vital role of self-help and mutual help must not be overlooked.

The Philippines has its own lessons from our past disasters – Bohol earthquake and Typhoon Yolanda (Haiyan) in 2013 – and just like Japan we can work hand in hand with the community starting from schools to plan for disaster response and recovery. It’s time for us to ensure that the Philippines is truly prepared for any major disaster.

*Project for Capacity Building for Disaster Risk Reduction Education (DRRE) through Cooperation with Local Community in Cebu Province

【写真】

東京臨海広域防災公園では、防災時に役立つグッズも見学

【写真】

地滑り被害後の丹波市では、再発を最小限に防ぐ工事

【写真】

スタディーツアーでは、東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)も訪問


Twitter Facebook はてなブックマーク メール