スリランカの最新記事

スリランカの勤務時間、仕事の進め方(後編)

【仕事の進め方】 スリランカの気象局に勤務していて、つくづく思うことは仕事の流れの違いである。 ある本によると、日本人の仕事の進め方は徹底した職員の総意にもとづく一致団結型だという。 日本では仕事を始めるとき、職員はまず会議を開いて仕事の手順を議論し、分担を決め、一応全員が納得したうえで仕事を始める。だから日本の会社には、必ず大小の会議室が揃っている。仕事が始まるまでの議論に時間がかかるが、総意のもとで仕事を始めるので、仕事の進み具合は早い。典型的なボトムアップ型である。 日本で仕事をする上で大事なものは、みんなで決めた分担表と日程表ではないか。仕事が始まってから口を出す上司は好まれない。上司は仕事の先導役ではなく、監視役である。だから、何かの理由で上司が...

「スリランカの勤務時間、仕事の進め方(後編)」の全文を読む

その他の記事一覧