ウズベキスタンの最新記事

タシケント道路状況

ウズベキスタンの首都タシケントで、今年1月中旬に活動を開始しました。 降雪の日は早朝から各所で大勢の人たちが除雪作業にとりかかりました。冬季は地域暖房が機能し室内は暖かです。 配属先は、自動車道路建設を学ぶための大学にある再教育センターです。活動の職種は土木で、私は日本で道路関連の仕事に長期にわたり携わってきました。 タシケントは旧ソ連時代に、道路等の基盤整備がなされた都市です。幹線道路は片側4車線程で、放射・環状線として整備、交通の多い場所は立体交差されています。バスベイ(バスが停まるためのスペース)は車線の外に設置されています。バス停には上屋(屋根)がほぼ完備です。街路樹が植えられた中央分離帯、歩道は街路樹と花々の植え込みがゆったりとした幅で整備されて...

「タシケント道路状況」の全文を読む

その他の記事一覧