セルビアの最新記事

ベオグラードで日本語を学ぶ生徒たち

私が日本語教師として活動するベオグラードの語学高等専門学校の生徒たちについて、紹介します。学校は1870年に創立され、日本語コースは1992年に始まりました。現地の生徒たちは小学校で8年間過ごした後、この専門学校で4年間勉強します。ほぼ全員がその後大学に進学し、留学を選ぶ子もいます。英語やフランス語、ロシア語、日本語、中国語など、さまざまな言語の中から一つを選択して試験を受けて入学してきます。日本語は2人のセルビア人の先生が教えています。語学だけではなく、歴史や社会、哲学、音楽、体育などの普通科目も学んでいます。 生徒たちは、英語を第二言語として小学校から勉強してきているので会話も作文も大変よくできます。日本語コースは、1年生から4年生まで計48人の生徒がいま...

「ベオグラードで日本語を学ぶ生徒たち」の全文を読む

その他の記事一覧