エジプトの繊維業の歴史と有望な将来

Twitter Facebook はてなブックマーク メール

エジプト文明にはさまざまな輝かしい側面がありますが、繊維産業の発展への着目は不可欠です。繊維産業はさまざまな時代を超えて、エジプトの経済発展をけん引した最も重要な産業の一つです。

古代エジプトの王ファラオの時代から、エジプト人は繊維産業の先駆者でした。エジプトの繊維業はプトレマイオス朝、ローマ帝国および東ローマ帝国の属州時代、イスラム帝国時代、またムハンマド・アリーの時代に至るまで、着実に発展しました。ムハンマド・アリーの下でエジプトは世界有数の綿工業地帯となり、世界の輸出業の勢力図において一気に台頭しました。

今日、繊維産業は経済成長の原動力として認識されており、国内総生産の3%を占めています。化学および食品に続き、国内で三番目に大きな産業セクターで、その重要性は増しています。ほかの産業との関わりを持つ労働集約型の産業であることから、多くの雇用を生んでおり、繊維業界はエジプトの労働人口のおよそ3分の1を占めています。

一方、繊維産業における安価な労働コストは、海外からの直接投資の誘致につながるため、繊維業はとても重要な外貨獲得源の一つとみなされています。このことから、エジプト政府は現在、繊維の製造技術や労働能力を向上させ、そして国際市場に対応していくため、自由貿易地域への参加、そしてアジア、アラブ、ヨーロッパ諸国との協力関係の構築に取り組んでいます。エジプトの競争力を高め、新たな貿易ルートを開拓していくことを目標としています。

(Original text written by Aisha Ghoneimy)
Among the various shinny aspects of the Egyptian civilization, it is essential to shed the light on the development of textile industry which is recognized to be one of the most important leading industries for the Egyptian economic development across eras.

Since the Pharaonic era, the ancient Egyptians were pioneers in the textile industry and it constantly developed across Ptolemaic Empire, Coptic era, Islamic era, and Muhammed Ali’s era where Egypt became one of the most productive cotton industry in the world, and emerged significantly on the world export map.

Nowadays, textile industry is recognized as the engine of the economic growth which contributed with three percent to Gross Domestic Product (GDP) to be the third-largest industrial sector after the chemicals and food sectors.

The continuity of the industry over decades has proved its strategic necessity for the development and growth of Egyptian economy. Actually, the importance of textile industry is steadily increased and ensured across decades due to its remarkable contribution to sustaining the economic development. This importance stems mainly from the significant and effective role in providing tremendous job opportunities as it is considered a labor intensive industry related to other complementary industries.

Accordingly, it employed about one-third of the industrial labor force. Noting that the lower labor costs leads to acquire a competitive advantage in luring foreign direct investments. Furthermore, the textile industry is considered as one of critical sources of foreign currency. Hence, the Egyptian government is working on maximizing competitiveness of Egyptian exports and opening new channels for trade exchange through being engaged in Free Trade Areas (FTAs) and consolidating international cooperation with Asian, Arab and European countries in order to upgrade technologies of manufacturing techniques, equipment, skills of labor and exchange of experts in terms of coping up with international market and its preferences as well as scientific progress in the textile industry.



(関連リンク)

各国における取り組み エジプト

【写真】

トトメス4世の墓所で発見された、赤と青の色付けが見られるタペストリーの切れ端。織り込まれていた、祖父であるトトメス3世の名前が一部残る(紀元前1400~1390年)

【写真】

かつらとドレスを身に着けた女性の召使いの木製の小像。ドレスには、赤青緑黄の鱗模様の装飾(紀元前1975~1640年)

【写真】

コプト正教会の美術品(6~7世紀)


【写真】

毛織物の断片。動物の装飾が施されている(アッバース朝9~10世紀)

【写真】

上下一組の絹製の服。上着は金糸で花などの装飾が施されている。ズボンは銀糸の花のモチーフで装飾されており、裾は綿製(オスマン帝国—18世紀)

【写真】

カーテンの一部。長方形をしており、花や銀色の文字などで装飾されている(エジプト国王ファールーク1世—1940年)


Twitter Facebook はてなブックマーク メール