文明の交差路、チュニジア

Twitter Facebook はてなブックマーク メール

日本ではあまり知られていないかもしれませんが、チュニジアは7世紀にはアラブ人から「イフリキア」と呼ばれており、この小さな国がアフリカの名称の起源となっています。

古代から現代に至るまで、チュニジアは多くの文明の交差路となってきたため、各時代の名残を見ることができます。私は、これこそが、外国人観光客にとってのチュニジアの魅力の1つだと考えています。

これらの文明は今、私たちチュニジア人の日常生活の一部にもなっています。 たとえば先史時代からこの地に住む、チュニジア最初の民族「ベルベル人」の食文化が起源の「クスクス(世界最小パスタ)」は世界中で食され、日本人にも人気です。ベルベル人は、現在に至るまでチュニジア南部において、地下の穴居住宅で伝統的な生活様式や独自の言語を守り暮らしています。

チュニジア人はアラブ人に分類されることが多いですが、最近のDNA分析によると、北アフリカのDNAが88%、西欧が5%、中東が4%、西部・中部アフリカが2%を構成しているそうです。中東は低い割合ですが、チュニジアではアラビア語が公用語であり、主要宗教がイスラム教であるように、アラブ文化は私たちに深い影響を与えています。ただ、チュニジアのアラビア語の方言は、ほかのアラブ諸国とはかなり異なっており、ほかのアラビア語圏では通じないほどです。これは、チュニジア方言の約10%の語彙が、ベルベル語、イタリア語、スペイン語、フランス語を起源としているためです。

このようにチュニジアは歴史的、文化的、そして遺伝的にも多様な国です。私はこの多様性こそがチュニジアが、地域で最も寛大でオープンな国のひとつとなりえた要因だと考えています。

(Original text written by Latifa MAMI)

It may be not known to Japanese people, but Tunisia was called “Ifriquia” by Arabs in the 7th Century. This small country gave its name to African continent and has been always the crossroad of many civilizations.

The succession of many civilizations has left its marks and gave special features to the country. In my sense, these specificities are the main factor to attract foreign tourists.

In our daily life, everything reminds us our diversified origins. Berbers, who were the first population around 2 million years ago, has left a rich cultural heritage. “Couscous”, which became a famous international dish, and one of the favorites of Japanese people, has the Berber origin. They are part of the population today and preserve their traditional way of living in underground cave structures, which are well conserved until now in the south.

Tunisians are often categorized as Arabs, but according to recent DNA analysis, Tunisians are 88% North-Africans, 5% Western Europeans, only 4% Arab and 2% Western and Central Africans. Although Arab origin is genetically low percentage, Arab culture is deeply affected to us, as Arabic is the official language and Islam is the main religion in Tunisia. Actually, Tunisian Arabic dialect is quite different from that of other Arab countries. Tunisian language contains around 10 % of Berber, Italian, Spanish and French words.

Tunisia is historically, culturally, and also genetically diversified country. I believe that this diversity made Tunisia, one of the most tolerant and open-minded countries in the region.



(関連リンク)

各国における取り組み チュニジア

【写真】

マトマタにあるベルベル人の穴居住宅

【写真】

チュニジア特有の香辛料「ハリッサ」を使ったシーフード「クスクス」

【写真】

エルジェムにあるローマ時代の円形闘技場の遺跡


【写真】

シディ・ブ・サイードの風景(アラブアンダルシア建築)

【写真】

チュニスのメディナ(アラブ建築)

Twitter Facebook はてなブックマーク メール