イエメンコーヒーの発展に足跡を残すJICAの研修

Twitter Facebook はてなブックマーク メール

アラビカコーヒー(注1)の発祥の地イエメンは、コーヒーを最初に海外に広めた国の一つだ。当時のコーヒー積み出し港モカから名を取り「モカコーヒー」として輸出されていた。
今もコーヒーはイエメンの重要な換金作物だ。収穫したコーヒーの実はコーヒー豆となる種をとるために精製されるが、イエメンは水を使わない精製方式のみを採用する唯一の国である。数世紀にわたって行われてきた非水洗式の精製技術により、イエメンコーヒーは世界最上級の品質を保っている。

コーヒー栽培では長い歴史を持つイエメンだが、生産や輸出促進のために機関や制度を整備してきておらず、生産者は生産量の拡大や輸出促進に課題を抱えていた。しかし、日本の技術協力により、イエメンコーヒーの生産と輸出は発展し始めた。2010年にJICAが開始した「中小規模のコーヒー生産者輸出競争力強化」研修の参加対象が、2013年、イエメンにも広がったのだ。

2013年9月16日から10月17日まで神戸で開かれた研修に、イエメン小規模零細企業振興サービス機構のコーヒープロジェクトオフィサー、アリ・アルディワニさんが参加した。彼はそこで得た知識や経験を基にアクションプラン(活動計画)を作成し、帰国後1年以内に実行し始めた。彼の主な活動は下記の通り。

・『種からカップまで』というコーヒー生産ガイドブックを作成・配布
・最上のコーヒーを生産するための研修を20ヵ所で実施(アル・ホデイダ県のブラ山、タイズ県のタロック村女性コーヒー協会のコーヒー農家600人が対象)
・上記地区に雨水タンク20台の建設を支援(注2)
・エチオピアへのコーヒースタディツアーを企画。イエメンのコーヒー農家15人が参加
・イエメンコーヒーに関する国内外の会合に参加

そしてアルディワニさんは、首都サヌアに「コーヒーテイスティング研究所」(注3)を設ける必要性を訴える。この研究所はイエメンコーヒーを世界中に輸出するのに役立つはずだと。そして、将来この研究所を建てる際はJICAの支援を望んでいる。

(注1)アラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種がコーヒー三原種とされ、なかでもアラビカ種は世界で一番流通しており、日本人にも最もなじみがあるコーヒー。
(注2)イエメンは慢性的に水不足のため、コーヒーの木の栽培のための灌漑を目的として建設した。
(注3)コーヒーの品質管理や輸出・販売の承認を行う機関。コーヒー豆の品質に応じて、賞を与える機能などを持たせ、ブランド強化を狙う。

(Original text: written by Hani Almemary)

JICA Leave Marks on the Sands of Yemen's Coffee Development

Yemen, as the origin place of Coffee Arabica, is one of the first countries that started coffee export as Mocha Coffee, and Coffee is one of the most important cash crops in Yemen, the only country in the World in which coffee processing is 100 % unwashed using centuries-old traditional technologies that keep it as the best quality coffee in the World.

Despite a long standing history of coffee cultivation, Yemen has not developed specialized institution to promote coffee production and export. Nevertheless, Yemen Coffee Production and Export started to improve as direct impact of Japanese technical cooperation extended to Yemen in JFY2013.
Mr. Ali AL-DIWANI is a Coffee Project Officer at Small and Micro Enterprise Promotion Service Agency (SMEPS) in Yemen and he was one of the participants of JICA Group Training and Dialogue Program entitled "Strengthening the Export Competitiveness of Small and Medium-Sized Coffee Producers" held in Kobe, Japan from September 16-October 17,2013. At the end of the training program, he formulated an action plan based on the knowledge and experience gained through the training and soon after his return; he started the implementation of several activities within one year, some of them:

• Formulate and Distribute Coffee Production Guide Book (From Seed to Cup).
• Conduct 20 training courses on best coffee agricultural practices targeting 600 coffee farmers in Bura Mountains, Al Hodeidah Governorate and Talok Women Coffee Association, in Taiz Governorate.
• Support construction of 20 rain catchers tanks in Bura District, Al Hodeidah Governorate and in Talok Women Coffee Association in Taiz Governorate.
• Organize Education Coffee Tour in Ethiopia for 15 Yemeni coffee farmers.
• Participate in several local and international conferences on Yemen Coffee.

Mr. Ali AL-DIWANI expressed that Yemen is in dire need for the establishment of Coffee Testing Laboratory in Capital Sana'a that is going to promote the export of Yemen Coffee to all parts of the World, and he hoped that JICA can assist Yemen in the establishment of this laboratory in future.

【写真】

屋上でコーヒーを天日乾燥している

【写真】

代表的なコーヒー産地、ブラ山のアルメルハム村

【写真】

生豆を手で仕分ける研修(タイズ県タロック村女性コーヒー協会)


【写真】

『種からカップまで』を手に持つコーヒー生産者に講義するアルディワニさん

【写真】

イエメンのコーヒーの実。さくらんぼのように赤く熟している

【写真】

JICAの研修では、神戸、東京、大阪でさまざまなことを学んだ


Twitter Facebook はてなブックマーク メール