キリバスの最新記事

キリバスのサンダルプロジェクト-はだしもいいけど、サンダルも活用を-

キリバスでは多くの人が、はだしで生活している。その理由は、靴を履く習慣がない、靴を買うお金がない、漁業に備えて足の裏を強くするためなどさまざまであるが、はだしはキリバス文化の一つでもあるといえる。 しかしその一方で、裸足に関連した医療問題も多い。はだしでの移動中に足にけがをするケースは多く、その傷が化膿し足の切断に至ることもある。また病院やクリニックでは他人の血や使用済みの針が落ちていることもあり、はだしでの来院は感染のリスクが高い。コミュニティーで共同のトイレを使用している地域も多く、住民は、はだしでそれを利用するため、下痢や風邪にかかりやすい。 この状況の中、「サンダル着用のメリット講座」とキリバスで手に入る素材を使った「ココナツサンダル作成」のワークシ...

「キリバスのサンダルプロジェクト-はだしもいいけど、サンダルも活用を-」の全文を読む

その他の記事一覧