ソロモンの最新記事

ソロモン人とお金

ソロモン諸島マライタ島にあるアウキ中央市場にて経営管理という職種で活動しています。決して大きな市場ではないのですが、この島では一番大きな市場になるため、島中はもとより近隣の島からも農作物を売りに人々が集います。売られているものは、タロやキャッサバなどのイモ類、ピーマン、ナスなどの野菜、海産物にシェルマネーと言われる民芸品などです。 活動の中で、100人程度の市場利用者にインタビューをして、生活の中の問題を聞いて回ったことがありました。その中でよく聞かれたのは、お金を稼げない、農作物が上手く育たない、といったことでした。 市場はこの島で過ごす人々にとって自分たちの資源を換金できる数少ない場所です。お金をあまり使わない文化だった彼らが、お金の稼ぎ方と使い方を初め...

「ソロモン人とお金」の全文を読む

その他の記事一覧