「ポリオ撲滅計画」に対する無償資金協力の署名式を行いました

2009年8月5日

【写真】

JICAインド事務所は2009年8月5日、在インド日本国大使館にて、インドに対する国連児童基金(UNICEF)連携一般プロジェクト無償資金協力「ポリオ撲滅計画」の贈与契約に署名しました。先方署名者は、UNICEFインド事務所KarinHulshof代表、当方署名者は、入柿秀俊インド事務所長です。

JICAは、2008年10月1日から無償資金協力業務の一部を実施することになり、本計画は、JICAがインドで実施する初めての無償資金協力案件です。

インドは、パキスタン・アフガニスタン・ナイジェリアと並び、ポリオの野生株が残る4ヵ国の一つです。そこで、我が国の外務省は、1996年以降、UNICEFに対する無償資金協力を通じて、インドにおけるポリオ撲滅の取り組みを支援してきました。

この協力により、アッサム州・西ベンガル州に住む5歳未満の子どもたちに対して、ポリオワクチンの投与が行われ、子どもたちのポリオ感染が予防されることが期待されます。

(文:インド事務所 本間 和実)