グワハティ上水道整備事業 〜マンモハン・シン首相臨席のもと起工式挙行〜

2011年3月2日

【写真】

マンモハン・シン首相により、記念プレートの除幕が行われる

2月18日、アッサム州の中心都市グワハティで、「グワハティ上水道整備事業」の起工式が、マンモハン・シン首相臨席のもとで行われ、JICAインド事務所からは山中所長が出席しました。

「グワハティ上水道整備事業」はグワハティの南央部と北部を対象に、日本の円借款を利用して実施されている事業で、2009年に開始以降、順調に進められています。この度、工事着工を前に行われた起工式では、マンモハン・シン首相により、記念プレートの除幕が行われました。

グワハティは、南アジア有数の大河であるブラマプトラ川流域に位置するインド北東部最大の街であり、北東部各州への玄関口でもあります。近年、人口が増える一方、上水道の普及は限定的なものとなっており、急増する水需要への対応が喫緊の課題となっていました。

当事業では、上水道施設を拡張および新設することにより、対象地域の全ての人々に安全な水を安定的に供給し、生活環境の改善に寄与することを目指します。