つながるラボウェビナーシリーズ第3回、第4回開催のお知らせ

JICAインド「つながるラボ」では、ウェビナーシリーズ第3回、第4回を下記の内容で開催いたします。

申込方法

ご参加を希望される方は、申し込み期限までに、1)氏名、2)所属、3)登壇者への事前質問(あれば)を記載の上、下記メールアドレスへ申し込みをお願いします。(Zoom接続リンクを前日までにお送りします)

申し込み期限:第3回:11月26日(金)、第4回:12月3日(金)
申し込み先メールアドレス:tsunagarulab@hakuhodoindia.com

【第3回イベント詳細】インドにおける日本企業のCSR活動の好事例ご紹介

日時

2021年11月30日(火)日本時間16:00~17:00、インド時間12:30~13:30

インドでは、会社法に基づき、5,000万ルピー以上の利益など、一定の要件に該当した企業については、利益の2%をCSR(Corporate Social Responsibility)の目的に活用する必要があります。CSR活動の中で、先進的な取組みをしているトヨタキルロスカ社、講談社から活動の詳細をご紹介していただきます。また、JICAが日本企業11社と連携して実施中のアッチー・アーダト(良い習慣)キャンペーンについてもご紹介いたします。

講演詳細

1)トヨタキルロスカ社 山田耕平様(Senior Vice President, Corporate Affairs & Governance)

「多角的なCSR活動を通じた、持続的な開発モデル」

2)講談社 古賀義章様 (国際ライツ事業部担当部長)

「絵本「もったいないばあさん」を活用したCSR活動」

【第4回イベント詳細】リブライト社が運営するファンド(JICA海外投融資出資事業)のご紹介

日時

2021年12月7日(火)日本時間13:00~14:30、インド時間9:30~11:00

JICAでは、10月29日、日本のベンチャーキャピタル(VC)であるRebright Partners Pte Ltd(リブライト社)が運営するファンドに対して400万米ドルの出資契約を調印致しました。JICAの出資金は、インドの教育、保健医療、農業、気候変動、金融包摂等の社会課題の解決にデジタルトランスフォーメーション(DX)を通じて取り組む同国スタートアップ企業への出資金に充当されます。今回のイベントでは、本ファンドをご紹介するとともに、出資先スタートアップ企業の事業活動や日本企業との協業事例をご紹介します。

各イベントとも、使用言語は日本語です。英語のプレゼンテーションがある際は、通訳をいたします。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。