南スーダンからの当機構関係者等の退避について

2016年7月13日

南スーダンの首都ジュバにおいて、7月7日(南スーダン現地時間)から治安状況が著しく悪化しました。当機構は、在南スーダン日本大使館を始め、日本政府と緊密に連絡をとりつつ、当機構関係者の安全を最優先に考慮し、本日13日13:50(日本時間19:50)、手配したチャーター機により、当機構関係者等93名をジュバから退避させました。チャーター機は、15:25(日本時間21:25)にケニアのナイロビに到着しました。同地では、JICAケニア事務所が在ケニア日本大使館と緊密に連携のうえ、退避者の受入れを行っています。

以 上