平成28年度補正予算 草の根技術協力事業(地域活性化特別枠)の募集について

2016年10月31日

国際協力機構(JICA)は、草の根技術協力事業(地域活性化特別枠)を実施すべく公募をいたします。

本事業では、地方自治体が主体となり、地域が有する知見・経験や技術を活用して開発途上地域に貢献することを支援すると共に、開発途上国の様々な需要・ニーズを日本各地のリソースと積極的に結びつけ、国際化を支援することによって、地域の活性化を促進することが期待されています。今回の募集については、10月に成立した平成28年度第二次補正予算「未来への投資を実現する経済対策」の一環として実施します。

応募に際しては、本事業の趣旨を踏まえた上で、地方自治体がNGO、大学及び地元企業等が有する技術・経験を活用し、共同で行う事業も提案可能です。その場合は、地方自治体が最寄りのJICA国内機関に事業提案書を提出いただくことになります。

皆様のご応募をお待ちしています。

関連リンク: