緊急援助ニュースリリース

第一報

ハイチにおける地震被害に対する国際緊急援助

2010年01月14日

 ハイチで発生した地震被害に対し、国際協力機構(JICA)は緊急援助物資供与および緊急調査チーム派遣を下記の通り実施します。

 
                        記 


1 災害状況 
 (主な被災状況)
 日本時間13日午前6時53分(現地時間12日午後4時53分)、カリブ海ハイチの首都ポルト−プランス郊外約15キロでM7.0の強い地震が発生し、その後もM5規模の余震が断続的に発生している。報道および国連等の発表によると救援機を除いて首都空港は閉鎖され商用便の利用は困難、ポルト−プランス市内は停電、大統領官邸・国連ビル・病院・学校等多数の家屋が倒壊し、通信インフラ被害など市内は壊滅状態であり、甚大な被害が生じている。プレバル・ハイチ大統領は、死者について3万人から10万人、被災民は300万人にのぼると延べ、未曾有の大地震により多大な人的・物的被害が生じている(事態の全容把握は遅れており、14日現在、死者・負傷者・行方不明者数等の正式発表はなされていない)。

2 緊急援助内容
 (1)JICAがマイアミに備蓄する3000万円相当の緊急援助物資を供与する予定(テント等を想定)
 (2)医療分野での支援等を念頭に、現地での調査と調整を目的とする緊急調査チームを本日派遣しました。

以 上