緊急援助ニュースリリース

第二報

ハイチにおける大地震被害に対する国際緊急援助(医療チーム・物資供与)

2010年01月16日

 JICAは13日朝(日本時間)にハイチにおいて発生した甚大な地震災害に対し、医療チームからなる国際緊急援助隊を派遣します。なお、別途、緊急援助物資の輸送も調整中です。


○医療チームの派遣
 二石昌人(ふたいしまさと)外務省中東アフリカ局中東第一課(地域調査官)を団長に医師、看護師の団員により構成される総勢25名の医療チームを派遣します。(うち1名については、既に現地入りしている緊急援助調査チームより参団予定)なお、16日(土)21時頃、成田よりJALチャーター機でマイアミに向け出発し、現地での治安状況、安全確保対策等を確認した上、マイアミからハイチまで自衛隊輸送機(C-130)で輸送する予定です。医療チームは約2週間の活動を予定しています。
 結団式を、16日(土)19時15分から成田空港第2ターミナル2階B-5,6会議室で行います。

○物資供与
 JICAはハイチ政府からの緊急援助物資の支援要請を受けて、緊急援助物資供与を次の通り実施します。
 (1) 援助物資内容
   1)テント:           250張
   2)毛布:          7,090枚
   3)プラスチックシート:    80枚
   4)スリーピングパッド:   800枚
   5)ポリタンク:       1,080個
   6)浄水器:          20台

 (2) 援助物資経費概算
   約3,000万円

 (3) 輸送日程
   マイアミより至近便でポルト−プランスへの輸送を調整中です。
                                  
                                              以 上