緊急援助ニュースリリース

第二報

ミャンマー連邦共和国における洪水被害に対する国際緊急援助−供与物資の引渡し−

2011年11月01日

ミャンマー連邦共和国における洪水被害に対して、国際協力機構(JICA)が供与した緊急援助物資が同国に10月28日に到着しました。

JICAがシンガポール備蓄倉庫から空送した緊急援助物資(供与総額:約1,000万円)は10月28日にヤンゴン国際空港に到着し、同日午後7時40分(現地時間)より同空港で引渡し式が実施されました。日本側からは、在ミャンマー日本国大使館の丸山市郎公使、JICAミャンマー事務所の田中雅彦所長らが出席、ミャンマー側からは社会福祉救済・復興省消防局のコ・コ・ライン副局長らが出席しました。また、これら引渡し式の様子は、現地メディア3社によって取材されました。

引渡し式では、丸山公使から、被災した方々に対して日本国民・日本政府を代表し弔意が示されました。これに対し、コ・コ・ライン副局長から、供与された緊急援助物資は被災地において大変有益であり、日本政府の迅速な対応に感謝する旨の発言がありました。

なお、今回供与した援助物資は、同国政府により被災者に届けられた後、JICAが配布・利用状況のモニタリングを行う予定です。

以 上

丸山公使からコ・コ・ライン副局長への目録贈呈

丸山公使からコ・コ・ライン副局長への目録贈呈

到着した緊急援助物資

到着した緊急援助物資