クロアチア共和国における洪水被害に対する国際緊急援助−供与物資の引渡し−

2014年6月24日

クロアチア共和国で発生した洪水被害に対して、国際協力機構(JICA)が供与した緊急援助物資が、同国に到着しました。

クロアチア共和国に対し供与する緊急援助物資(供与総額:約1,100万円)は、6月13日午後に首都ザグレブ郊外にあるクロアチア政府管轄の備蓄庫に到着しました。17日16時より同国外務・欧州問題省にて、クロアチア側からベスナ・バティスティッチ=コス・クロアチア外務・欧州問題省次官補らが、日本側から井出敬二大使らが、また、物資の配布を担当するクロアチア赤十字社からゴルダナ・ラジッチ=タフラ副社長らが出席し、物資引渡式を実施しました。

引渡式では、バティスティッチ=コス外務・欧州問題次官補より、今般の洪水は歴史的な規模の災害であり、日本の迅速な支援に対する深甚なる感謝の意が示された。配布を担当するクロアチア赤十字社のアントニッチ職員からも感謝の意が示され、赤十字社は今も積極的に支援活動を続けており、今後も災害からの復興支援に努めたいとの旨、発言がありました。井出大使より心からの同情と連帯の意が伝えられるとともに、3年前に東日本大震災の際に、物心両面で多大な支援を頂いたクロアチア共和国へ、今般、家族用テント、発電機、簡易水槽などの緊急支援物資を供与できて光栄だとの発言がありました。

以上

【画像】

緊急支援物資の引渡式

【画像】

備蓄庫に到着した支援物資

【画像】

備蓄庫に到着した支援物資

【画像】

備蓄庫に到着した支援物資