西アフリカにおけるエボラ出血熱流行に対する専門家派遣について

2014年10月17日

我が国政府の決定を受け、今般、JICAは西アフリカにおけるエボラ出血熱の流行に対応するため、2名の専門家を派遣することになりました。 

今回派遣の2名は国立感染症研究所に所属しており、10月20日にシエラレオネに向けて出発し,約1か月間、エボラ出血熱対策のWHOミッションに参加し活動を行う予定です。

日本政府は、エボラ出血熱感染国への日本人専門家の派遣について引き続きWHOと協議しており、JICAは、その結果を踏まえ、順次専門家の派遣を行っていく予定です。