ミャンマー連邦共和国における洪水被害に対する国際緊急援助−供与物資の引渡し−

2015年8月6日

ス・ス・フライン社会福祉・救済復興副大臣(左)に供与物資を引き渡す樋口大使(右)

ミャンマー連邦共和国の北部・西部の地域において、2015年7月中旬から続く豪雨により大規模な洪水が発生し、同地域では甚大な人的・物的な被害が発生しています。同国政府からの要請に基づき、国際協力機構(JICA)は物資供与を行い、8月5日(水)に供与した物資が同国政府に引き渡されました。

ミャンマー国に対し供与する緊急援助物資(供与総額:約1,800万円、輸送費含む)は、8月5日朝にヤンゴンへ到着しました。物資引渡式は、同日15:30より社会福祉・救済復興省ヤンゴン事務所において、ミャンマー政府側からス・ス・フライン社会福祉・救済復興副大臣、チ・ター同省ヤンゴン事務所課長らが、日本側から樋口建史在ミャンマー日本国大使、稲田恭輔JICAミャンマー事務所次長等、日本大使館およびJICA関係者の出席のもと、実施されました。

引渡式では、フライン副大臣より、今回の洪水に対する日本の迅速な支援に対する感謝の言葉とともに、日本がこれまでにミャンマーの経済発展のために約束したODAに対する謝意も示されました。これに対して樋口大使は、安倍総理からテイン・セイン大統領に宛てた「お悔やみのメッセージ」を代理で読み上げた上で、今回の支援が避難住民の生活に役立つとともに、洪水被害からの一刻も早い復旧・復興を祈念する旨、応答されました。

なお、今回供与した援助物資は、同国政府により被災者に届けられます。

以上

【画像】

ヤンゴン国際空港に到着した供与物資

【画像】

提供された供与物資(毛布、スリーピングパッド、プラスチックシート)

【画像】

供与物資運搬の様子