コロンビアにおける洪水被害に対する国際緊急援助−供与物資の引渡し−

2017年4月10日

コロンビア共和国で発生した洪水被害に対して、国際協力機構(JICA)が供与した緊急援助物資が、同国に引き渡されました。

コロンビアに対し供与する緊急援助物資は、現地時間4月8日未明に首都ボゴタへ到着しました。同日午前10時30分より同国ボゴタ国際空港貨物ターミナルにて、コロンビア側からヘラルド・ハラミージョ・モンテネグロ全国災害リスク管理局事務局長らが、日本側から横林直樹駐コロンビア日本国臨時代理大使、室澤智史JICAコロンビア支所長らが出席し、同物資の引渡式を実施しました。

引渡式では、ハラミージョ事務局長より、日本の迅速な支援に対する深い感謝の意が示されるとともに、到着した物資は同日中に早速、被災地である南部プトゥマヨ県モコア市へ配送する旨述べたのに対し、横林臨時代理大使より今回の洪水の被災者に対するお見舞いとともに、被災地が一日も早く復興することを希望する旨、発言がありました。

なお、今回供与した援助物資は、同国政府により被災者に届けられました。

【画像】

引渡し式の様子(ハラミージョ事務局長(左)、室澤JICAコロンビア支所長(中央))

【画像】

到着した緊急援助物資