ネパールにおける洪水災害に対する国際緊急援助−供与物資の引渡し−

2017年8月25日

ネパールで発生した豪雨による洪水災害に対して、国際協力機構(JICA)が供与した緊急援助物資が、同国に引き渡されました。

ネパールに対し供与する緊急援助物資は、8月23日正午(現地時間)に首都カトマンズへ到着しました。同日15時30分(現地時間)よりトリブバン国際空港にて、ネパール側からジャナルダン・シャルマ内務大臣、ネウパネ内務省局長が、日本側から小川正史駐ネパール大使、佐久間潤JICAネパール事務所長らが出席し、同物資の引渡式を実施しました。

引渡式では、小川大使が、今回の洪水の被災者へのお見舞いとともに、東日本大震災および熊本地震の際にネパールから示された友情と思いやりへの謝意を表しました。これに対し、シャルマ大臣より、今回の日本の迅速な支援および、長きに亘る協力と2015年のネパール地震の際の対応に深い感謝の意が表されました。

なお、今回供与した援助物資は、同国政府により被災者に届けられます。

以上

【画像】

引渡式の様子