バヌアツにおける火山噴火被害に対する緊急援助−供与物資の引渡し−

2017年10月12日

バヌアツ共和国で発生した火山噴火による被害に対して、国際協力機構(JICA)が供与した緊急援助物資が、同国に引き渡されました。

バヌアツに対し供与する緊急援助物資は、10月8日に首都ポートビラへ到着しました。翌9日14時30分(現地時間)よりバウアフィールド国際空港にて、バヌアツ側からハム リニ バヌアロロア気候変動適応・気象・地質災害・環境・エネルギー大臣が、日本側から井坪豊明JICAバヌアツ支所長、在フィジー日本国大使館館員らが出席し、同物資の引渡式を実施しました。

引渡式では、バヌアロロア大臣より、日本の迅速な支援に対する深い感謝の意が表されるとともに、到着した物資は早急に避難者のもとへ配送する旨、発言がありました。また、井坪支所長は今回の物資が避難された方への助けとなることを希望する旨を述べました。

なお、今回供与した援助物資は、同国政府により被災者に届けられます。

以 上

【画像】

引渡式の様子