コンゴ民主共和国におけるエボラ出血熱の流行に対する国際緊急援助隊・感染症対策チームの帰国について

2018年7月2日

 コンゴ民主共和国におけるエボラ出血熱の流行に対し、6月11日に派遣された国際緊急援助隊・感染症対策チームは6月28日に現地の任務を終了し、6月30日に帰国しました。


 1.同チームはキンシャサにおいて、コンゴ民主共和国政府や国際機関と協力しつつ、サーベイランス(検疫体制及びデータマネジメントの強化)分野及び検査診断分野の支援を実施しました。

・サーベイランス支援
1日あたり約1000人の渡航者を検疫するマルク市のベンデベンデ臨時検疫所の設置支援や収集データの管理、また30名の検疫官と10名の疫学者に対する指導を支援しました。
・検査診断支援
国立生物医学研究所(INRB)において、3名の職員に対するトレーニング含め、検査方法の改善や診断の質の向上のための支援を行いました。

 2.同チームは6月28日に保健大臣に活動報告を行い、コンゴ民主共和国政府からは日本の支援に対する謝意が表明されています。

【画像】

マルク市ベンデベンデ臨時検疫所にて検疫官との打ち合わせ

【画像】

エボラ疑い患者の搬送訓練

【画像】

検査方法の確認

【画像】

INRBでのエボラ検査の様子

関連リンク: