北岡理事長がNEPADのマヤキ長官と会談

2017年6月13日

マヤキ長官(左)と北岡理事長(右)

北岡伸一JICA理事長は、6月6日、アフリカ開発のための新パートナーシップ計画調整庁(NEPAD)のイブラヒム・アッサン・マヤキ長官とJICA本部(東京都千代田区)で会談しました。

冒頭、北岡理事長は、アフリカ自身のイニシアティブであるNEPADの意義を高く評価し、両者の関係が深化することへの期待を述べました。

その後、第6回アフリカ開発会議(TICADVI)で発表された「食料と栄養のためのアフリカ・イニシアチブ(IFNA)(注1)」とカイゼン・イニシアティブ(注2)におけるNEPADとの連携のあり方に留まらず、アフリカ連合(AU)やSDGセンター(注3)など他の機関を通じたアフリカ―日本の協力の可能性についても意見交換が行われました。

マヤキ長官と北岡理事長の面談後、JICAとNEPADは今後の連携の方向性について実務的な協議を行い、一連の協議の成果を反映した、業務協力協定(MoC)を取りまとめ、越川副理事長とマヤキ長官の間での署名に至りました。

JICAは、TICAD7に向けて、NEPADと広域インフラ、農業等の既存の連携に加え、栄養とカイゼン分野でも協力を一層強化していく予定です。

関連リンク: