日中友好環境保全センター20周年式典

2016年6月7日

概要

会議名:日中友好環境保全センター20周年式典
開催日:2016年6月7日
主催:JICAおよび日中友好環境保全センター共催
場所:中国北京市(日中友好環境保全センター)

主な参加者

中国側より環境保護部陳吉寧部長、外交部楊宇アジア司参事官、センター任勇主任、日本側より丸川珠代環境大臣、?M地雅一外務大臣政務官、竹下亘議員、北橋健治北九州市長、横井裕在中国特命全権大使、JICA柳沢香枝理事等が登壇。
過去、過去に日中友好環境保全センターに派遣された元JICA専門家16名も出席。

背景・目的

日中友好環境保全センターは、1988年に日中平和友好条約締結10周年を記念して当時の日中総理の間で設立が合意されました。この合意に基づき、日本の無償資金協力と中国政府の資金により建物や機材を整備し、1996年に北京市内に開所しました。1992年以来、日本は計42名の長期及び短期の専門家派遣や285名の中国側専門家の訪日研修などによる技術協力プロジェクトを行っており、現在はフェーズ5にあたる「環境にやさしい社会構築プロジェクト」を実施しています。また、日本は環境観測・分析技術の移転やセンターを担う人材育成を行うとともに、日中共同での調査研究や研修能力の向上をはかることで、環境政策の立案やセンターの能力建設にも寄与してきました。センターは日中環境協力のプラットフォームであるとともに、中国及び東アジア地域における環境問題への取組の拠点となっています。

内容

開幕式では、陳部長から、「環境保護は日中協力における重点分野である。特に日中友好環境保全センターの建設や施設使用によるプロジェクトは、環境分野における二国間国際協力の成功モデルともなっている。」と述べられました。丸川大臣は、「環境協力は両国の戦略的互恵関係を象徴する柱だ」と応じました。
柳沢理事は発表の中で、JICAの対中環境協力の歴史、5フェーズに亘るセンターへの協力の歴史を振り返りました。センターの若手職員と日本人専門家が地方出張に赴いた際、地方政府や企業から、直面する問題について相談を受ける機会が多く、はじめは日本人専門家が答えていたものの、徐々にセンターの若手職員が自分たちで回答するようになったというエピソードも紹介しました。また、円借款による環境設備の更新というハード面と、日中友好環境保全センターでの人材育成というソフト面の協力の組み合わせにより、貴陽、重慶、大連の三都市における酸性雨防止対策、脱硫副産物の有効利用等、大気汚染対策の成功例を紹介しました。最後に、JICAからの期待として、日中双方の人材ネットワークの維持、センターが日中の環境分野のあらゆる関係者の交流・協力の拠点となることの2点を伝えました。
午後は5つの分科会に分かれ、日中双方の関心の高いテーマ(環境ガバナンスシステム、グリーン・サプライチェーン、環境ビッグデータ、環境モニタリング、環境リスク管理)について、専門家による講演・意見交換が行われました。日本からは、プロジェクトに携わった元専門家が中心となって挨拶・講演を行い、日本の公害経験の歴史や日本企業による最新の環境対策の取り組み等を紹介しました。

関連リンク

【画像】

【画像】

【画像】

【画像】

【画像】

【画像】

【画像】