ADB総会セミナー「日本の衛星技術を活用した開発協力」

2017年5月4日

概要

会議名:ADB総会セミナー「日本の衛星技術を活用した開発協力」
開催日:2017年5月4日
主催:JAXA(宇宙航空研究開発機構)
場所:横浜市(パシフィコ横浜)

主な参加者

Mr. Vijay Padmanabhan, Technical Advisor(Urban), Urban SG, Sector Advisory Service Cluster, Sustainable Development and Climate Change Department, ADB
祖父江真一 JAXA 第一宇宙技術部門
鈴木 和哉 JICA農村開発部 次長
柴崎 亮介 東京大学空間情報科学研究センター 教授
(登壇順)

背景・目的

日本の衛星技術を活用した開発協力の実例を、ADB総会参加者に紹介することを目的とする。

内容

農村開発部の鈴木次長が4日に本セミナーに登壇。JICA-JAXA連携による熱帯林早期警戒システム(JJ-FAST)、農業作付面積把握等の衛星技術活用事例を紹介した。JAXA、東京大学からは、日本の衛星技術を活用した防災や統合水管理、都市開発等の実例について説明があった。

関連リンク

【画像】

JICA事業について紹介する鈴木次長