「サヘル・アフリカの角 砂漠化対処による気候変動レジリエンス強化イニシアティブ」アフリカの角地域 環境大臣閣僚会議

2017年6月29日

概要

会議名:「サヘル・アフリカの角 砂漠化対処による気候変動レジリエンス強化イニシアティブ」アフリカの角地域 環境大臣閣僚会議
開催日:2017年6月29日
主催:ケニア 環境自然資源省(JICA共催)
場所:ケニア・ナイロビ(Crowne Plaza Hotel)

主な参加者

【主な登壇者】
・植澤利次 駐ケニア特命全権大使
・佐野景子 JICAケニア事務所長
・Prof. Judi W. Wakhungu, EBS, Cabinet Secretary for Ministry of Environment and Natural Resources, Kenya(代理:Secreatary Administartion, William K.Kiprono)
・Mr. Richard J. Mwendandu, Director, Multilateral Environmental Agreements, Ministry of Environment and Natural Resource, Kenya
・H.E. Mr. Tesfai G.Selassie Sebhatu, Minister, Ministry of Land, Water & Environment, Eritrea(代理: Ms. Asrat Haile Tekle, Director, Crop Development, Ministry of Agriculture)
・H.E. Mr. Gemedo Dale (Phd), Minister, Ministry of Environment, Forest and Climate Change, Federal Democratic Republic of Ethiopia(代理:Mr. Kabtamu Girma Assefa, Director, Forest Protection and Conservation Directorate, Ministry of Environment, Forest and Climage Change)
・H.E. Mr. Deng Deng Hoc Yai, Minister, Ministry of Environment, Republic of South Sudan(代理:Mr. Joseph Africano Bartel, Under Secretary, Ministry of Environment and Forestry)
・H.E. Hassan Abdel Gadr Hilal, Minister of Environment, Forests and Physical Development of the Republic of Sudan
・Hon. Abdullahi Hamud Mohamed, State Minister, Office of the Prime Minister, Somalia(代理:Mr. Abdirizak Mohamed Mohamud, Director General, Environment Office, Office of the Prime MInister)
・S.E. Monsieur Moussa Mohamed AHMED, Ministre du Logement, de l'Urbanisme et de l'Environment, Djibouti(代理:Mr. Dini Abdallah Omar, Secrétaire Général, Ministère de l'Habitat, de l'Urbanisme et de l'Environnement)

【参加国】
アフリカの角地域:ケニア、エリトリア、エチオピア、南スーダン、スーダン、ソマリア、ジブチ

背景・目的

JICAは、サヘル及びアフリカの角地域の砂漠化対処を促進することにより、気候変動に対するレジリンエス(強靭性)を強化し、当該地域の持続可能な開発に貢献することを目的とし、「サヘル・アフリカの角 砂漠化対処による気候変動レジリエンス強化イニシアティブ」をケニア環境・自然資源省、セネガル食糧安全保障諮問委員会事務局、砂漠化対処条約事務局(UNCCD)と共にTICAD VIのサイドイベントで正式に立ち上げました。本環境大臣会合では、本イニシアチブの今までの進捗と成果を確認するとともに、今後とも砂漠化対策をアフリカ各国において対応すべき最優先のアジェンダとして位置づけるための政治的コミットメントの確保を図りました。

内容

本環境大臣会合では、気候変動に起因する砂漠化及び干ばつ被害が深刻なアフリカの角諸国において、「サヘル・アフリカの角 砂漠化対処による気候変動レジリエンス強化イニシアティブ」への理解を深め、進捗を確認した上で、更なる推進を支えるための政治的コミットメントを表明したナイロビ宣言を採択しました。会合の主な内容は以下の通りです。

(1)本イニシアティブのこれまでの進捗の確認
アフリカの角やサヘルにおける、本イニシアティブの発展経緯、3つの成果(ネットワーク化、知識共有、資金へのアクセス)の説明と、砂漠化対処の緊急性に基づく政治的コミットメントの重要性を発信しました。

(2)パートナー機関及びJICAの本イニシアティブへの貢献の確認
各国が議論してきた本イニシアティブのToRやアクションプランについて、FAOやGEFなどのドナーをパートナー機関として取り込みつつ、JICAが具体的にどのような役割を担っていくかを確認し、アフリカの角諸国の高いオーナーシップと政治的リーダーシップやアクションプランの実施の重要性を強く訴えました。

(3)円卓対話
本イニシアティブに参加するアフリカの角地域の環境大臣他が各国の砂漠化対策政策及び本イニシアティブの政策目標への貢献について、現状や優良事例を発信し、今後とも本イニシアティブを推進していくことを話し合いました。

(4)閣僚宣言の採択
今後とも砂漠化対策を各国で対応すべき緊急かつ政策的アジェンダとして位置づけることを表明する閣僚宣言(ナイロビ宣言)を採択しました。

資料

関連リンク

【画像】

オープニングの様子

【画像】

キプロノ、ケニア環境大臣代理、アフリカの角のオーナーシップを訴える

【画像】

スーダンからの参加者3名(手前が環境大臣)

【画像】

ラウンドテーブルの様子

【画像】

記念撮影