中南米5ヵ国(メキシコ・キューバ・ブラジル・ボリビア・パラグアイ)のJICA事務所長が講演

2017年9月11日

概要

会議名:JICA中南米5か国事務所長が語るラテンアメリカの潜在力 −メキシコ・キューバ・ブラジル・ボリビア・パラグアイからの報告−
開催日:2017年9月11日(月)
主催:一般社団法人 ラテンアメリカ協会
場所:フォーリン・プレスセンター6階

主な参加者

登壇者(発表研究者)

JICAメキシコ事務所長 篠山和良、JICAキューバ 小澤正司、JICAブラジル事務所長 斉藤顕生、JICAボリビア事務所長 立原佳和、JICAパラグアイ事務所長 吉田英之

司会・進行

一般社団法人 ラテンアメリカ協会 理事 工藤章

主な参加者

日系民間企業、開発コンサルタント、学生等

その他

マスコミ関係者

背景・目的

日本から地理的に最遠の地である中南米ですが、中南米地域は6億人の人口と6兆ドルの経済規模を有し、熱帯の森林面積で全世界の約1/4、水資源でも全世界の約1/3を占め、鉄鉱石・銅・レアメタルを含めた鉱物資源や食糧の基地として注目されています。近年、日本企業の進出も盛んになっており、また当地域に在住する200万人を超える日系人の活躍により、親日的な国民感情が醸成されている地域でもあります。JICAは中南米地域33ヵ国のうち23ヵ国に拠点を設置し、気候変動対策や生物多様性の保全、防災といった地球規模の課題に対する取り組み、経済基盤の整備などを中心に支援を実施しています。さらに、日本の中小企業の海外展開の支援も推進しています。このたび、当該地域の事務所長の帰国のタイミングに合わせ、一般の方々に当該地域の最新情報を紹介するべく、一般社団法人 ラテンアメリカ協会に本セミナーを開催いただくこととなりました。

内容

2017年9月11日にフォーリンプレスセンターにて、一般社団法人 ラテンアメリカ協会主催の講演会にメキシコ・キューバ・ブラジル・ボリビア・パラグアイのJICA事務所長が登壇し、各国の経済や社会面から魅力と潜在力に迫りました。

今回登壇した事務所長の駐在する5カ国−自動車産業が経済をささえるメキシコ、社会主義を体現して58年目を迎えるキューバ、経済の危機的な状況を有しながらも南米の大国として君臨するブラジル、初の先住民大統領が国を治めるボリビア多民族国家、大国に囲まれた内陸国パラグアイ−多様性に富み、異なる経済規模や政治・社会基盤を有しながらも、これらの5カ国事務所長に共通する想いは「各国にもその国ならではの魅力があり、潜在力やビジネスチャンスがある、日系社会やこれまでの日本との関わりを通じて醸成された日本への信頼もある、日本企業にもJICAとともに各国事業に参入いただきたい」ということで共通していました。

2時間という限られた時間の講演会ではありましたが、100名超の満席となった会場は参加者の高い関心で熱気に包まれました。終了後にも会場が閉まるまで、講演者の前には個別質問のための長蛇の列ができました。

関連リンク

【画像】

参加者との質疑応答時間の様子

【画像】

登壇した5事務所長(左からパラグアイ、ブラジル、キューバ、ボリビア、メキシコ)