UJC日本語コース祭りが今年も開催されました!

2012年7月18日

80人椅子取りゲーム(左)

パワーアップソーラン節(右)

2012年6月17日にウズベキスタン日本センターで日本語コース祭りが行われました。このお祭りは日本語コースで学ぶ約250名の受講生全員が、クラスをこえて交流を深めるとともに、日本に対する理解を深めてもらうことを目的として毎年実施されています。今年は昨年に引き続き18歳以下の弁論大会やカラオケコンテスト、日本のゲーム遊び、ダンス、クラス対抗の日本文化クイズなどで大いに盛り上がりました。

いろはかるた取り

今年初めての試みとして、俳句コンテストと受講生が作成したビデオ上映を行いました。俳句コンテストでは、俳句の授業で受講生が毛筆で清書した作品のうち、優秀なものを会場に掲示して表彰しました。コンテストには受講生だけでなく講師も参加し、ウズベキスタンの文化がよく表れたおもしろい作品が多数並びました。受講生が撮影したビデオ作品には、クラスの様子や、夏にふさわしいホラー映画、日本人へのインタビューなど、多様なテーマが出そろいました。

お菓子の食べくらべ

お祭りの最後には、日本のお菓子を受講生に試食してもらいました。味や食感が初めてのものばかりだったようで、様々な反応を得ることができました。

【受講生によるお菓子の評価】

【画像】

当日は受講生の家族や友人のほか、ウズベキスタンで暮らす日本人の方々にもお越しいただき、一緒にゲームに参加したりと受講生の様子を知っていただきました。参加者は総勢約220名となり、受講生にとって日本人と交流する貴重な場となりました。UJC日本語コース祭りは大盛況のうちに終了しました。