キルギス日本センター ビジネスコースとITコースの連携「インターネット上におけるビジネスプロモーション」セミナー開講

2012年11月5日

研修中の様子。

キルギス日本センターでは、ビジネスコース・日本語コース・相互理解活動と並んで、ITコースを開講しています。ITコースは、2006年「聴覚障害者のためのITコース」を初めて開講し、以降年間を通じて継続して開講している他、2011年12月からは、一般向けのITコースを開講するライセンスを取得し、IT基礎コースから開講を始めました。ただ、キルギス国内には、同様のITコースを提供する機関が多数存在し、日本センターがなぜ一般向けにITコースを実施するのか、その特異性が求められていました。

修了証書授与の様子。KRJC井口所長(左)と2006年度のビジネスコースも卒業した受講生(右)

そこで、「キルギスで起業したビジネスコース卒業生が今学びたいと思っているITについて」を考え、企画したのが、10月23日から3日間合計6時間の「インターネット上におけるビジネスプロモーション」のコースです。キルギスでも、あらゆる分野で、facebookやTwitter という、ソーシャルメディアを含んだインターネットとの関わりを避けては通れない、という世界的な傾向がそのまま当てはまります。そこで、このコースでは、現代ビジネスに携わる上で知っておいた方が良い、インターネットに関する事項の理論と実践を提供しました。「ダイレクト・マーケティングとゲリラマーケティング」「ソーシャルメディアネットワーキング」等の理論を学び、例えば、自社のホームページへのアクセスデータをどのように入手してどう分析するか、企業のfacebookはどのような形態であるのが望ましいか、facebookに企業に対する誹謗中傷が寄せられた場合はどのように対処するか、企業のブログの作成例、などを実践で学びました。

研修中の様子。

コース参加者は12名、内9名が、ビジネスコース卒業生、という顔ぶれになりましたが、全参加者から、コース内容について満足した、という評価を得ることができました。キルギス日本センターが設立されてから、17年が経過し、人々のニーズに合った、新しいものを提供することが求められています。そうした要望に応えられるような日本センターでありたいと願っています。