第10回日本語で学ぶ簿記コース開講−ベトナム日本センター・ハノイ

2013年5月9日

キムアイン所長による開講の挨拶

2013年5月3日(金)、ベトナム日本センター・ハノイ(VJCCハノイ)にて、24名の受講生を迎えて第10回「日本語で学ぶ簿記コース」の開講式が開催されました。

このコースは、NPO法人ベトナム簿記普及推進協議会(Association for Bookkeeping Promotion in Vietnam、略称ABPV)のご協力でVJCCに派遣された講師のもとで、ベトナム人受講者が、複式簿記3級を3か月間かけて日本語で勉強するというものです。

授業の様子

佐藤正治講師を囲んで記念撮影

2009年からVJCCで開始されたこのコースも、今回で10回目を迎え、卒業生の数はのべ459名となっています。今回新たな試みとして、本コースで簿記の基本を学習した受講生に対し、最終講義で多くの日系企業で使用されている会計ソフトについての紹介を行う予定です。

自社の経理担当者を受講させる企業もあるなど、簿記コースは日系企業からも高く評価されています。また、優秀なベトナム人学生が日系企業に就職する際にも役立っており、今回も全員が無事にコースを修了し、優秀なビジネス人材として巣立っていくことを期待しています。

引き続きVJCCは日越のビジネス人材交流に貢献してまいります。