ハノイ都市鉄道運営会社の管理職向けに研修を実施−ベトナム日本センター

2014年1月20日

大野リーダー開講挨拶

キムアイン所長よるビジネススキル講義

Minh講師によるケーススタディー

閉講式記念撮影

2013年12月4日〜20日、ベトナム日本センター(VJCCハノイ)では、ハノイで初めてとなる都市鉄道(地下鉄及び都市内高架鉄道)の運営会社設立を目指しているMRB(Hanoi Metropolitan Railway Management Board)とVNRA(Vietnam Railway Administration)の16名を対象として、企業経営についての研修プログラム(カスタマイズコース)を実施しました。

本コースでは、JICAが行う技術協力プロジェクト「ベトナム国ハノイ市都市鉄道規制機関強化及び運営組織設立支援プロジェクト」を受注している「東京メトロ」からの依頼を受け、VJCCの産業人材育成部がそのFTUをはじめとするネットワークを活かした研修プログラムを提供しました。具体的には、新しい組織を編成するに際し管理職としての役割が期待されるハノイ都市鉄道のスタッフを対象に、税法・会計、労働法、ビジネス法、リーダーシップ、日本式ビジネススキルについての講義を実施し、受講生と専門家講師とのネットワークづくりにも貢献しました。

受講生からは、「勉強した知識が現在の仕事に役立つと確信する」や「コースの内容がおもしろく、新しい知識を提供された」などのコメントが寄せられ、「提供された資料」や「講義の内容」、そして「教え方」については満足度100%の評価を受けました。

本コースは、VJCCにとってその強みを活かしながらJICAプロジェクトのソフト面におけるスキルの向上に貢献する新たな試みとなりましたが、お客様のニーズに十分かなう対応が確認できた実りある連携事例となりました。