ベトナム日本センター ミニMBAコース修了式開催−横浜国立大学との連携−

2014年10月2日

終了生と記念撮影

溝口副学長から修了証書の授与

挨拶をするVJCCのヒエン副所長

ハノイのベトナム日本人材協力センター(VJCC)で、9月16日(金)、第二回ミニMBAコースの修了式が行われました。これは昨年度から、VJCCと横浜国立大学の連携で実施されているコースで、企業の若手経営者や管理職、また今後起業を目指している方を対象にしています。受講生は、約1か月半にわたり、経営学に関する基礎的な理論と、日本やベトナムの具体的な事例を組み合わせた実践的な内容を学びました。修了式には横浜国立大学から溝口副学長も参加し、「日本とベトナムの意見がぶつかるところに、新しいビジネスチャンスが生まれる。ここで学んだことを、是非実践に生かして欲しい。」と、修了生にエールを送りました。修了生には、同副学長から修了証書が授与されました。

今回の修了生は16名、ほとんどがベトナム企業の社長や幹部の人たちです。修了生代表としてANS-Asia社のフン社長は、「理論だけでなく、日本の実際の経験を学んで、日本の精神をビジネスに感じた。学んだことを仕事に役立てたい。」と、今後の抱負を語りました。

修了式終了後、同コースで「日本的経営の起源と発展」を担当した同大学大学院の竹内准教授からは、「ベトナムの受講生は、非常に熱意があり積極的。それぞれが問題意識を持っており、ディスカッションも非常に活発に行われた。特に、日本の昔の中小企業の経営に強く興味を示していた。」とのコメントをいただきました。

学ぶ意欲と熱意。改めて、ベトナム人材のポテンシャルの高さを感じさせる取組みになりました。