日本企業のグローバル人材育成支援に関する事例

2012年12月27日

ベトナム日本センター(ホーチミン)が2つの日本企業のグローバル人材育成研修を実施しました!

「フコク生命 グローバル人材育成プロジェクト」

2012年6月13日〜7月20日(センター閉館をはさみ、計4週間実施)

【画像】フコク生命様からのご依頼による本研修のテーマは、「業務スキルとは一線を画すグローバルな人間力、および今後のグローバル戦略策定や執行を担っていく人材の育成」というものでした。VJCCとして初めての試みではありましたが、これまで10年間に渡ってビジネス人材の育成や日本とベトナムの相互理解促進事業に取り組むことによって生まれたネットワークを最大限に生かし、プログラムの作成と実施運営にあたりました。

文化、歴史、経済、ビジネス、および語学の講義を実施したほか、現地資本企業、日系企業、JICA技術プロジェクト、さらには青年海外協力隊の現場の視察や、関係者との意見交換の場を提供させていただきました。また、講義や視察以外においても、VJCCスタッフ一同との日々の交流が日越友好の場となりました。

本研修を履修されたフコク生命の社員の方からは、「講義でベトナムに関するまとまった情報を得ることができたことに加え、日系企業、現地企業、そして大学生等との交流を通じ、当地で生活をすること、そして事業を行うことについての理解と考えを深めることができた」とのコメントをいただいております。

「日立製作所 新興国向けグローバル研修プログラム」

2012年11月5日〜11月16日

【画像】「VJCCでの講義および、JICAの国際協力活動の視察を通じ、ベトナムで行っている日本の国際貢献を理解すること、そして日本と関係の深いベトナムの文化、歴史、生活を学び、産業の現場と直に触れることを通して理解を深め、その後の業務をグローバルな観点で俯瞰できるようにする」という目標のもと、日立製作所様から3名の研修生の方々がVJCCホーチミンでの研修に参加しました。

【画像】本研修では、ベトナムの経済、ビジネス、文化、歴史、言語の学習、複数の企業や工場を視察し、実際に工場で働くひとたちとの意見交換や、JICAの国際協力活動の現場の視察を行いました。日立製作所の研修生の方々からは、「講義、企業訪問、交流会の開催などさまざまな研修アプローチを通して、ベトナムを多面的に理解することができた」、「ベトナム人や、ベトナムで様々な事業に取り組んでいる日本人との意見交換を通して、当地で事業をすることについてのイメージがつかめた」、さらには「VJCCを研修の拠点としたことで、センタースタッフとの交流が生まれ、より深くベトナムに触れることができたと感じる」などという、うれしいコメントをいただいております。