ホーム > GDNについて > 研究活動

研究活動

国際共同研究プロジェクト(Global Research Project:GRP)

ネットワークを通じた世界的な研究活動。各テーマに基づき世界で共同研究を実施。

Varieties of Governance: Effective Public Service Delivery(ガバナンスの多様化:効果的な公共サービス) 2008年6月より、世界銀行とカナダの国際開発研究センター(International Development Research Centre, IDRC)の出資により実施。教育、水、道路整備の観点から、ガバナンスの多様化と効果的な公共サービスの関連性を探る。
関連論文はこちらより
Promoting Innovative Programs from the Developing World: Towards Realizing Health MDGs in Africa and Asia(途上国の先進的プログラムの推進:アフリカ・アジアにおける保健衛生分野のMDGs達成に向けて) 2006年10月より、ゲイツ財団による590万ドルの寄付によって実施。保健衛生分野のミレニアム開発目標達成度が最も低いアフリカとアジア地域への転用・貢献を視野に、全世界で行なわれている保健衛生分野のプログラムのインパクト評価を行なうもの。
関連論文はこちらより
Development on the Move: Measuring and Optimizing Migration’s Economic and Social Impacts(移動する途上国人口:人口移動の経済・社会インパクトを計る) 英国の公共政策研究所(Institute for Public Policy Research, IPPR)と共同で2007年1月より実施。人口移動(migration)が、社会や個人に与える様々なインパクトについて調査すると共に、調査のプロセスで、人口移動のインパクトの計測や調査方法の改善、現地研究者のキャパシティービルディング等を行なうことを目的としている。
Impact of Rich Countries' Policies on Poverty: Perspectives from the Developing World(先進国の政策が貧困に与える影響:貧困国からの視点) 2004年より実施。OECD加盟国の貿易政策、移住政策、援助政策、投資が貧困に与えるインパクトを測定し、先進国の政策形成に貧困国の視点を反映させるべく実施されたもの。24のカントリースタディー及びVienna Institute for International Economic Studies (WiiW)との共同研究の8つのカントリースタディーを含む。
関連論文はこちらより
Understanding Reform(改革への理解を深める) 2002年より実施。第1フェーズでは「改革の原因、コスト、タイミング」、「改革の社会的な影響」、「改革に於けるステークホルダー」等、10のテーマに関する研究を行い、第2フェーズでは、将来の改革実施に役立てる為の知識の集約を目的としてそれらのテーマ研究に基づいた詳細なカントリースタディーが実施された。
関連論文はこちらより
Bridging Research and Policy(研究と政策の橋渡し) 2002年より2005年まで実施。第1フェーズでは、途上国の政策形成経験を集約し、第2フェーズではそれらの分析(政策形成段階における研究結果の反映度合い等を分析)を実施。第3フェーズでは途上国の政策実務者や研究者に対し、ガバナンスの向上、双方間のコミュニケーション向上等を通じた研究と政策形成の橋渡しを目的としたトレーニングワークショップを順次開催する。2007〜8年にかけては 第3フェーズのパイロットプロジェクトがカリブ諸国及び中東地域の政策関係機関で実施された。
関連論文はこちらより
Explaining Growth(成長の研究) 2000年より2005年まで実施。第1フェーズでは各地域につき「成長の要因」、「成長における市場の役割」、「ミクロ経済的視点からみた成長」、「成長を支えた或いは妨げた政策」の4つのテーマに関し、更に研究を深めるべき重点項目を挙げ、第2フェーズではそれら重点項目につき、詳細なカントリースタディーを実施した。2003年より、各種調査結果が出版されている。
関連論文はこちらより

地域研究コンペ(Regional Research Competition:RRC)

多くの地域ネットワークは、当該地域に即した研究テーマについてリサーチコンペを行っています。地域内外の専門家による論文選考の後、ワークショップの開催、アドバイザーによる助言等を通じて、受賞者は論文を完成させていきます。GDNは地域研究コンペを通じてこれまで、約800の賞に1900万ドルを提供しており、途上国研究者の育成に貢献しています。