石川 幸子 ISHIKAWA, Sachiko

客員研究員
研究分野・主な研究領域
国際開発協力論、紛争/平和研究、地域研究(東南アジア、ASEAN)
関連研究プロジェクト
【写真】石川 幸子
研究分野・主な研究領域
国際開発協力論、紛争/平和研究、地域研究(東南アジア、ASEAN)
関連研究プロジェクト

学歴

1981年3月 上智大学法学部法律学科卒

1984年3月 上智大学大学院法学研究科国際公法専攻博士前期課程修了

1985年2月 オーストラリア国立大学大学院法学研究科国際公法専攻修士課程修了 (Graduate Diploma)取得

2013年3月 マレーシア科学大学大学院社会科学研究科紛争平和学専攻博士課程修了

職歴

1985年7月 UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)バンコク事務所 法務担当官

1988年10月 UNHCR香港事務所 法務担当官

1990年1月 UNHCRバンコク事務所 難民認定審査コンサルタント

1992年6月 笹川平和財団 南東アジア協力基金 研究員/主任研究員(バンコク勤務)

1999年4月 JICA(国際協力事業団)タイ事務所 広域企画調査員

2002年6月 JICA(国際協力事業団)マレーシア事務所 企画調査員

2002年10月 JICA(独立行政法人国際協力機構)タイ事務所及びアジア地域支援事務所 広域企画調査員

2005年3月 JICA(独立行政法人国際協力機構)国際協力専門員

2015年4月 獨協大学外国語学部英語学科 非常勤講師

2018年8月 アテネオ・デ・マニラ大学 非常勤講師

2021年4月 立命館大学国際関係学部 教授 (現在に至る)

主な著作物

『世界のどこでも誰とでもうまくいく「共感」コミュニケーション』 (同文舘出版、単著、2017年)

『敵をもファンに変える超一流の交渉術』 (実務教育出版、単著、2016)

『国際結婚:地球家族づくり』 (サイマル出版会、単著、1992)

『東南アジアの風に吹かれて』(サイマル出版会、単著、1989)

The impact of COVID-19 on Peace and Stability in Mindanao: Nested Protection and Downside Risks │ JICA Ogata Sadako Research Institute for Peace and Development Working Report, 2021.

The Protracted Crisis in Mindanao: Japan's Cooperation and Human Security" in Human Security and Cross-Border Cooperation in East Asia, 2018.

Concept Framework and Intersections: Peacebuilding, Development, and Human Security" in Regional Cooperation for Peace and Development: Japan in South Korea in Southeast Asia, 2018

Japanese Contributions to Peacebuilding, Development, and human Security" in Regional Cooperation for Peace and Development: Japan and South Korea in Southeast Asia, 2018.

A New Perspective on Conflict resolution in Asia: Integration of Peace and Development for the Philippines, 2017.

所属学会他

衣笠総合研究機構 国際地域研究所、一般財団法人青少年国際交流推進センター 評議員、人間の安全保障学会